今、私たちを取り巻く21世紀の仕事の世界では、多くの人びとが不安と不確実性を感じています。 所属する組織の大小、営利・非営利を問わず、これからの社会やデジタル情報環境の変化がもたらす 人と仕事の変化、更には超高齢化の中での働くことの問い直しや、貧困と格差、加えて今まで必ずし も検討が十分ではなかったジェンダー役割や、障害や病と共に働くことの充実など、「働くこと」を 広く、深く問い直してゆくことの重要性が増しています。今般、新たな時代に向けた「ワーキング心 理学」の視点から、「働くこと」にフォーカスしながら、キャリアに関わる多くの方々と共に、改め て21世紀の「働くとは何か」を議論し、取組むべき課題を共有し新たな一歩を目指します。

なお本シンポジウムは、『The Psychology of Working』(D.L. Blustein 編)の監訳に携わったメ ンバーが、監訳を通じて得た刺激や知見を広く関係者の皆様と共有したいという思いから企画された ものです。

多くの実務家、研究者、学会・協議会、企業関係者、研究機関、行政関係者など、これからの時代 の「働くこと」に関わりを持つ多くの皆様のご参加をお待ちします。

日時: 2017年 5月29日(月)18:30~20:50 (*入場受付 17:30より)
場所: 筑波大学東京キャンパス文京校舎 134教室
参加費:JCCからの情報により参加申込の方 2,000円, 一般参加者 3,000円
*)参加費は、当日会場受付にてお支払いください。(領収書発行いたします)
*)参加受付のメールのコピーを「参加証」として、ご持参ください。

参加申込み先 : 21世紀の働くを考える会事務局 sakucom@oboe.ocn.ne.jp
申込時記載事項:①お名前 ②ご所属 ③参加区分(主催・後援、JCC会員、一般参加)
④ご参加に当たってのご質問、コメントなど

プログラムの詳細等につきましては、こちらのチラシをご参照ください。